2月ですね…雨、霧の日でした。

私には前から「脊柱管狭窄症」という腰の病気があった。
が、そんなには痛くなく 時々リハビリ行ったりしては 撮影会や散歩には行けてた。

それが今回の佳子の看病、から葬儀など諸々の事が私に荷が来てしまってか
最後の日には行けない状態だったが 力を振り絞って…
が、葬儀の朝は起き上がれず このまま寝てられたら良いなぁ~と思った。
そう云う訳にも行かず、朝一に整形へ行き 先生に訳を話し腰に10本くらい注射をして貰った。

初めての注射は良く効いて良くなったかに思えた。
バタバタと納棺をし 通夜受け あくる日葬儀…何とか体はは持てたが立って居れず
葬儀社で皆さんをお見送りをするときは 隣に立ってる家人に手をしっかり捕まえててもらった。

其れからはドンドン悪くなる一方、左足が踏み立てない、車のクラッチ踏めない・・・・
台所では流しの前に立てない 真ともに歩けない…

整形へ行ってブロック注射をして貰ったり 又 背中、腰に注射をしたり、
点滴、痛みどめの注射など
が、一向に良く成らない…もう、手術しかないのかと思った。

そんな1月25日が医大の診察予約日だった。
医大の先生に訳を話し 手術をしますといった。
が、先生は「それは無理だろう、内科でステロイドを20年余り飲んでるので骨がもろく成ってて
手術するにはリスクが高すぎると」…おっしゃられた。

腰の装具を作って腰を確りとめ、ブロック注射やリハビリ、マッサージや按摩などなど
手を尽くして 暫く休養して見てはと言われた。
そしてその日、尾てい骨からするブロック注射をして下さった。

此方でするブロック注射は息が出来ないほど痛いが、医大でして下さった注射は
針が刺さった時は痛かったが 後は気持ちがいいくらいだった。
注射後 1時間くらいベットで休ませて下さって…
帰る時にはすっすっと歩けるほどだった。 これなら手術などするべきでないと思ったナア~♪

その日に腰の装具の型取りもして貰い、今日出来てる筈で取りに行ったが、雨で霧で…
装具は少々堅苦しく大きいが、確りもしているので良いかも…

其れからは此方の整形で電機のリハビリと リハビリ専門のお姉さんにマッサージ あんま などの
リハビリをして貰ってる。
良く歩けるようになった、車も乗れる 写真も撮って見ようかなとも思えるようになった。

此のまま調子良く回復することを ただ、ただ祈るのみです!

b0171185_174729.jpg

[PR]
by aki-419 | 2013-02-01 16:45 | 日記

時どき更新しますネ~♪


by aki-419