叔父さん

15日の朝、叔父さんが亡くなったと 従兄から電話があった。
15,16年前に脳梗塞で倒れて、頭はしっかりしてるが半身が麻痺して車いすの生活でした。
暫くは家でおばちゃんが世話をしながら生活してたが、それも大変で有料ホームへ…

私達の父は51歳で亡くなり、それからは此の叔父さんが父親代わりに何かと相談に乗ってくれたり世話をしてくれたり、、、母の弟で、たった一人の叔父さんでした。

ユーモアたっぷりの話しぶりは祖父譲りで、話を聞くのが楽しみで 時々たずねていたが…
そんな悪い様子では無かったのに・・・・
肺炎でした。年取っての肺炎は命取りと聞いてはいましたが…

国東の妹に電話したが出ないと従兄が・・私が連絡をするという事で…
妹は熊本の娘の所へ行ってた。 八幡の妹に電話し、滋賀の弟に電話した。

熊本に行ってた妹はそのまま帰るという事に…バスで大分まで~そして汽車で杵築駅へ
車を置いてるので、八幡の妹はその時間に合わせて杵築駅まで・・
3時過ぎに帰って来たので一緒にお悔やみに行った。
暫く会って無かったおばちゃんが小さく成ってるのに吃驚…

其れから…蔡場がJAとの事なので、JA へ行き生花などの手配をして帰る。
もう、夕方に成って居た…疲れた~(+_+)
なんて言って居られない、13日が通夜、14日が葬儀との事で…

11日にリハビリへ行くつもりにしてたのが、祭日で行けず…
13日の昼間に、とにかくリハビリへ~夜は通夜へ・

14日、朝9時出棺との事で、バタバタと出かけた。
通夜の帰りに棺の中の顔を見た時は 穏やかな祖父そっくりの顔でしたが
出棺の時にお花などを入れて飾った時に見た顔はもう、仏顔に成っていました。

教師だった叔父さんはユーモアがあり、野球の監督などもしていて
中々モテモテの先生だったらしい。

武蔵東小学校の校長で退職した頃は、私はもう此方に嫁に来ていたので良くは知らないが
倒れてからは時々たずねて居た。

尤も私の方が長年病気をしてたので心配をして貰った方でしょう。
何時かは別れがあるとは思っていましたが、余りにも急だったので…

叔父さんにして見れば甥姪は私達兄弟だけでしたので、いろいろと面倒を見てくれました。
自分の子供は3人、私達の従兄ですね、この3人だけです。

久しぶりに会う従兄も年とって…段々と世代交代をするのでしょうね。

あの、土曜日の青空が嘘の様に12日からは雨 雨 雨の3日間でした。
今日も未だ小雨が降っています。

また寒波が来そうな予感が…今年の2月は不安定な寒い日が続きますね。

b0171185_11405129.jpg

庭にはお花など殆どありません。
へクソカズラの実に雫が・こんな物しかありません。
[PR]
by aki-419 | 2012-02-15 11:37 | 日記

時どき更新しますネ~♪


by aki-419